国际経済学

编辑:科目网互动百科 时间:2019-11-15 20:33:40
编辑 锁定
《国际経済学》是2013年ミネルヴァ书房出版的图书,作者是(日)中西训嗣。
书    名
国际経済学
又    名
国際経済学
作    者
(日)中西訓嗣
ISBN
9784623064953
页    数
392
定    价
本体3,500円+税
出版社
ミネルヴァ書房
出版时间
2013-3-10
装    帧
平装
副标题
国際貿易編

国际経済学内容介绍

编辑
国际贸易论の基础である二国间贸易モデル比较优位の议论から,贸易政策,贸易交渉,そして现代の経済政策までを学ぶ。难しい数式を使わず,ミクロ理论を解说,明解な议论で直感でわかる初学者向けテキスト。理解を助ける二色刷り。
[ここがポイント]
◎ 初学者でも学べるように难解な数式を使用せず说明している
◎ 国家间の経済活动を精致に分析できる
◎ 2色刷りで见やすい

国际経済学作者介绍

编辑
中西训嗣
1963年広岛県生まれ。1986年広岛大学経済学部卒业。1991年神戸大学大学院経済学研究科博士课程後期课程修了。経済学博士(神戸大学)。现在、神戸大学大学院経済学研究科教授(本データはこの书籍が刊行された当时に掲载されていたものです)

国际経済学作品目录

编辑
はしがき
  第1章 比较优位の基础
  1.1 分业の利益
  1.2 生产构造
  1.3 企业行动と长期均衡
  1.4 贸易自由化と生产の変化
  1.5 贸易均衡価格の范囲
  第2章 比较优位と贸易利益
  2.1 生产可能性フロンティア
  2.2 家计部门の导入
  2.3 闭锁経済均衡
  2.4 贸易からの利益
  2.5 比较优位と贸易利益の実证
  第3章 比较优位と自由贸易均衡
  3.1 オファーカーブ
  3.2 输入需要曲线・输出供给曲线
  3.3 贸易均衡の存在
  3.4 贸易均衡の効率性
  第4章 贸易自由化と所得分配
  4.1 要素间所得分配
  4.2 产业间所得分配
  4.3 短期的利害と长期的利害の乖离
  4.4 贸易自由化とセーフティネット
  第5章 贸易政策分析の基础
  5.1 贸易政策とは何か
  5.2 関税の効果
  ――交易条件が一定の场合
  5.3 関税の効果
  ――交易条件が可変の场合
  第6章 贸易政策分析の展开
  6.1 関税とその他の课税・补助金
  6.2 有効保护率
  6.3 输出补助金
  6.4 数量制限
  第7章 独占・寡占市场と贸易
  7.1 不完全竞争の类型
  7.2 国内独占と贸易自由化
  7.3 国际复占竞争
  第8章 规模の経済性と制品差别化の役割
  8.1 规模の経済性
  8.2 マーシャルの外部経済性
  8.3 产业内贸易
  8.4 制品差别化
  8.5 独占的竞争
  第9章 生产活动の国际展开と规制
  9.1 国际生产要素移动の基础
  9.2 海外直接投资の概念と様态
  9.3 海外直接投资の理论分析
  9.4 国际生产要素移动に対する规制
  第10章 自由贸易と保护贸易
  10.1 最适関税论
  10.2 幼稚产业保护论
  10.3 戦略的贸易政策论
  10.4 国内政治过程
  第11章 贸易交渉とルール
  11.1 GATT・WTO小史
  11.2 WTOの基本理念と构造
  11.3 関税竞争
  11.4 関税交渉
  11.5 贸易救済措置
  第12章 経済成长と贸易
  12.1 成长パターンと贸易
  12.2 贸易から成长への影响
  12.3 贮蓄・投资と异时点间贸易
  第13章 地域贸易协定・経済统合
  13.1 类型と现状
  13.2 経済统合の効果
  13.3 経済统合の形成
  练习问题解答
  文献案内
  索 引
[1] 
参考资料
词条标签:
书籍